働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 切れ・こすれ > まな板上の包丁が跳ね、手が切られそうになった
ヒヤリ・ハット事例
まな板上の包丁が跳ね、手が切られそうになった
まな板上の包丁が跳ね、手が切られそうになった
拡大
業種

商業

作業の種類

調理

ヒヤリ・ハットの状況

午前10時頃、寿司ネタの製造中、まな板が作業台に貼り付いて動かないので、力を入れて引っ張ったところ、まな板上に置いてあった包丁が跳ねて手が切られそうになった。