アンケートにご協力お願いします。

粉砕済み段ボールを圧縮式ごみ収集車に積み込む作業中に、投入口内部で回転している板に全身をはさまれて死亡した

  労働災害事例イラスト イラストをクリックすると拡大表示されます
発生状況
 粉砕済み段ボールを自動または手作業で圧縮式ごみ収集車に積み込む作業を行っていたところ、投入口内部で回転している板に全身をはさまれて、死亡した。被災者は圧縮式ごみ収集車と投入口の間に立った状態で、段ボール貯留機からスムーズに粉砕済み段ボールが出ないときに、備中鍬または鉄棒を用いて掻き出す作業をしていた。
原因
1 圧縮式ごみ収集車のごみ投入口内部にある板が回転している状態にも関わらず、投入口内部に人が立ち入ったこと(被災者が立ち入った理由は不明)
2 定められた作業計画/方法/手順などが現場で実施されているか、管理者の確認が不十分だったこと
対策
1 圧縮式ごみ収集車の投入口内への立入禁止を徹底すること。洗車/整備/点検等でやむを得ず立ち入ったり手を入れたりするときは、以下の処置をすること
・車両のエンジンを停止させる
・パワーテイクオフ機能(車両エンジンの動力をごみ圧縮機の駆動に変える機能)を切る
・キーを抜いて作業者自身で管理する
2 標準的作業方法(安全作業マニュアル)を書面で作成し、関係者労働者に周知すること
3 圧縮式ごみ収集車を使用する作業に新たな労働者を従事させる場合、及び車種を変更する場合、関係者労働者に対して安全教育を行うこと
4 標準的作業方法(安全作業マニュアル)が現場で実施されているか、現場作業者の判断で変更/手順の簡略化などがされていないか、管理者が定期的に確認すること
5 予見可能な誤使用/誤操作を明確にし、リスクアセスメントを実施すること
業種 清掃・と畜業
事業場規模 100〜299人
機械設備・有害物質の種類(起因物) コンベヤー
災害の種類(事故の型) はさまれ、巻き込まれ
被害者数
死亡者数:1人 休業者数:0人
不休者数:0人 行方不明者数:0人
発生要因(物) 防護措置・安全装置の欠陥
発生要因(人) 職場的原因
発生要因(管理) 防護・安全装置を無効にする
NO.101606
このページのトップへ戻ります
アンケートにご協力お願いします。