アンケートにご協力お願いします。

冷却器が作動せず、タンク内での反応が進んだことにより発生した引火性ガスの爆発

  労働災害事例イラスト イラストをクリックすると拡大表示されます
発生状況
 メガネレンズ製造のモノマー調合工程にて、タンク内で固体硫黄を常温で液状にする作業中、化学反応が暴走し、タンクより噴出したガスに引火して、爆発事故が発生。労働者3名が被災した。警報閾値として設定した屈折率規定値が書き換わっており、冷却機能が作動しなかった。また、冷却コイル周辺の水が凍結して冷却能力が低下し、モノマー温度が下がらなかった。60℃での反応時間が長くなったためゲル化し、反応停止剤が混ざらず、反応を停止できなかった。何らかの引火性のガスが発生し、静電気発生等により引火した可能性がある。
原因
1 装置・設備の管理不足・点検不備
2 異常反応・暴走反応による温度・圧力上昇に伴う
3 機器・設備の破損
対策
1 予備反応工程途中で、記録計の閾値を変更できないようにすること。
2 冷却層を定値制御(水温5℃)へ変更すること。
3 予備反応時間による強制冷却回路を追加すること。
4 予備反応温度を下げること。
5 真空ポンプ・撹拌機のモーターを防爆構造へ変更すること。
業種 光学機械・レンズ製造業
事業場規模 100〜299人
機械設備・有害物質の種類(起因物) 爆発性の物等
災害の種類(事故の型) 爆発
被害者数
死亡者数:0人 休業者数:1人
不休者数:2人 行方不明者数:0人
発生要因(物) 物自体の欠陥
発生要因(人) 職場的原因
発生要因(管理) 危険な状態を作る
NO.101601
このページのトップへ戻ります
アンケートにご協力お願いします。