アンケートにご協力お願いします。

スプレーガンを用いた吹き付け塗装作業による肺の炎症

  労働災害事例イラスト イラストをクリックすると拡大表示されます
発生状況
 自社作業場(倉庫)内において、被災者2名が建材見本を作成するため、養生フィルムを使って簡易的な塗装ブースを作り、スプレーガンを用いて吹きつけ塗装を行っていた。塗料はフッ素系ポリマーを含むものであった。両名とも徐々に動悸が起こる、喉に違和感を覚え咳が出始める等の症状が発生していたが、作業を継続したところ、後に肺が炎症を起こしていることが判明したもの。防毒マスクは使用していなかった。
原因
1 SDSの内容未確認
2 適切な呼吸用保護具未着用
3 リスクアセスメント未実施
4 作業標準書・マニュアル未作成
5 作業標準書・マニュアルの不備
6 安全衛生教育未実施
7 換気・排気装置未設置
8 換気不足
9 作業者の危険有害性認識不足
10 作業主任者・管理責任者等の危険有害性認識不足
対策
1 塗装作業時に全体換気装置等による換気を行い、かつ労働者に呼吸用保護具の着用を徹底させること。
2 労働者に対しSDSの周知を行うこと。
3 リスクアセスメントを行い、安全衛生に関する教育を徹底すること。
4 内燃機関を有する機械を使用する際には、当該機械を屋外に設置するか、換気をする等して作業場の通風をよくすること。
業種 建築設備工事業
事業場規模 5〜15人
機械設備・有害物質の種類(起因物) 有害物
災害の種類(事故の型) 有害物等との接触
建設業のみ 工事の種類
災害の種類
被害者数
死亡者数:0人 休業者数:2人
不休者数:0人 行方不明者数:0人
発生要因(物)
発生要因(人)
発生要因(管理)
NO.101577
このページのトップへ戻ります
アンケートにご協力お願いします。