アンケートにご協力お願いします。

ハンドリフトを飛び越えようとしたところ、つまずいた

  労働災害事例イラスト イラストをクリックすると拡大表示されます
発生状況
 印刷工場内にて、オフセット印刷機を使用し印刷作業中、別の部署へ移動しようと小走りで移動した際、途中に置いてあったハンドリフトを飛び越えようしたところ、つまずいた。足甲をハンドリフトのアーム部分に強打し、骨折した。
原因
 この災害の原因としては、次のようなことが考えられる。
1 歩行スペースとハンドリフト等の運搬機を置く場所が区別されておらず、歩行スペース(作業動線上)にハンドリフトが置いてあったこと。
2 ハンドリフトを跨ぐ等の危険な行為の禁止が、研修や教育で徹底されていなかったこと。
対策
 類似災害の防止のためには、次のような対策の徹底が必要である。
1 人力運搬機等の転倒の要因となる物が、歩行スペース(作業動線上)に置かれていることがないように、工場内の整理整頓を徹底すること。
2 転倒災害防止のため、労働者に対し、職場における安全衛生教育や研修を十分に実施すること。
業種 印刷業
事業場規模 16〜29人
機械設備・有害物質の種類(起因物) 人力運搬機
災害の種類(事故の型) 転倒
被害者数
死亡者数:0人 休業者数:1人
不休者数:0人 行方不明者数:0人
発生要因(物) 物の置き方、作業場所の欠陥
発生要因(人) 職場的原因
発生要因(管理) その他の不安全な行為
NO.101442
このページのトップへ戻ります
アンケートにご協力お願いします。