アンケートにご協力お願いします。

被介助者の体位交換の際、腰に痛みを感じた

  労働災害事例イラスト イラストをクリックすると拡大表示されます
発生状況
 被災者は、高齢者施設の居室にて、一人で入居者の体位交換を行っていた。寝ている被介助者を手前に引き寄せようとしたところ、腰に痛みを感じた。病院を受診したところ、腰椎捻挫と診断された。
原因
 この災害の原因としては、次のようなことが考えられる。
1 被介助者に十分身体を近づけることなく体位交換を行ったこと。
2 腰部に負担をかけることのない程度まで、ベッドの高さを上げることなく体位交換を行ったこと。
3 スライディングボードやスライディングシート等、介助を補助する器具を使用しなかったこと。
対策
 類似災害の防止のためには、次のような対策の徹底が必要である。
1 体位交換の際、被介助者が介助者の身体から遠いところにあると、腰への負担がその距離に応じて大きくなるため、常に被介助者に介助者の身体を近づけること。
2 持ち上げる動作の際は、膝を曲げた姿勢から下肢を伸ばす筋力を使うことを心掛け、上体を起こす力だけで持ち上げないこと。
3 体位交換等ベッドにおける介助作業は、腰部への負担を軽減するため、ベッドの高さを上げるように配慮すること。
4 スライディングボードやスライディングシート等の補助具を利用する、被介助者の自然な動きや残存能力を活かすなどの介助を行い、腰部への負担軽減を図ること。
業種 保健・衛生業
事業場規模 30〜99人
機械設備・有害物質の種類(起因物) 起因物なし
災害の種類(事故の型) 動作の反動、無理な動作
被害者数
死亡者数:0人 休業者数:1人
不休者数:0人 行方不明者数:0人
発生要因(物) 作業方法の欠陥
発生要因(人) 職場的原因
発生要因(管理) その他及び不安全な行動のないもの
NO.101390
このページのトップへ戻ります
アンケートにご協力お願いします。