働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > はさまれ・巻き込まれ > サスペンションを上げた状態のトラックの下で作業中、車両の電源を入れたため、サスペンションと床面にはさまれかけた
ヒヤリ・ハット事例
サスペンションを上げた状態のトラックの下で作業中、車両の電源を入れたため、サスペンションと床面にはさまれかけた
サスペンションを上げた状態のトラックの下で作業中、車両の電源を入れたため、サスペンションと床面にはさまれかけた
拡大
業種

自動車整備業

作業の種類

車両整備

ヒヤリ・ハットの状況

 トラックに約6tの荷物が積載された状態で、車両後部のサスペンションを手動操作で伸張させ、車両の下に入ってグリスアップ作業をしていた。別の作業者が車両の下に人がいることに気づかず、車両の電源を入れたところ、制御装置により車両後部のサスペンションが収縮し、車体と床の間に挟まれかけた。

原因

 トラックに荷を積載した状態のため車体が下がっていたが、ジャッキアップはせず、隙間を手動で拡張して作業した。また別の作業者が十分な安全確認を行わなかった。

対策

 車体の下部で点検作業を行う際は空荷で行い、車体をジャッキアップして安全な作業空間を確保する。また安全支柱等を使用し、作業者が挟まれないようにする。
 複数の労働者で作業を行う際は、確認の合図・安全作業手順を定める。