働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > はさまれ・巻き込まれ > 樹脂粉末のプレス成型作業で、プレスが下降中にプレス台に手を入れて、はさまれそうになった
ヒヤリ・ハット事例
樹脂粉末のプレス成型作業で、プレスが下降中にプレス台に手を入れて、はさまれそうになった
樹脂粉末のプレス成型作業で、プレスが下降中にプレス台に手を入れて、はさまれそうになった
拡大
業種

計量器測定器製造業

作業の種類

プレス機械

ヒヤリ・ハットの状況

 作業場で樹脂粉末をプレス機で圧着成型する作業をしていた。プレス機から圧着後の金型を取り出す工程で、本来はプレスが上昇している時に手を入れて金型を取り出すべき所、プレスが下降中に手を入れてしまい、手をはさまれそうになった。

原因

 下降中のプレスの下に手を入れたこと。また、設備面においても設備の安全対策が不十分であったこと。

対策

 プレスの下降時に身体の一部が危険領域に入った時はプレスが自動停止するようインターロックを取り付けること。また、手の代わりに手工具を使用し、手を入れる必要のないように作業内容を変更すること。