働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > はさまれ・巻き込まれ > 樹脂の混練作業中、ゴム手袋をはめた状態で手を樹脂混練機の投入口に入れ、スクリューに巻き込まれそうになった
ヒヤリ・ハット事例
樹脂の混練作業中、ゴム手袋をはめた状態で手を樹脂混練機の投入口に入れ、スクリューに巻き込まれそうになった
樹脂の混練作業中、ゴム手袋をはめた状態で手を樹脂混練機の投入口に入れ、スクリューに巻き込まれそうになった
拡大
業種

プラスチック製品製造業

作業の種類

混合機、粉砕機(プラスチック製造作業)

ヒヤリ・ハットの状況

 工場内で混錬機に樹脂原料を投入しているとき、うっかりして混錬機の投入口にゴム手袋をはめた状態で手を少し入れてしまい、手袋がスクリューに巻き込まれそうになった。

原因

 運転している混練機の投入口に手を入れたこと。また、手袋を着用していたこと。袖や手袋等の先端はスクリュー等回転物に巻き込まれる危険が多い。

対策

 回転機器で作業するときは、回転物には決して手を出さないこと。作業時には手袋を着用しないこと。根本対策として、混練機が運転中は手が入らないような投入口構造とすること。