働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 墜落・転落 > 庭木の剪定作業中、脚立の足が滑り脚立から落ちそうになった
ヒヤリ・ハット事例
庭木の剪定作業中、脚立の足が滑り脚立から落ちそうになった
庭木の剪定作業中、脚立の足が滑り脚立から落ちそうになった
拡大
業種

農業

作業の種類

剪定

ヒヤリ・ハットの状況

 高さ4mの脚立の天板上に乗り電動バリカンで庭木の剪定中、脚立の足が滑り、脚立から墜落しそうになった。

原因

1.脚立の足を置く場所が滑りやすく不安定な場所であった。

2.脚立の天板上に乗って作業を行った。

対策

1.脚立の使用前に地面の状況確認し、脚立が安定するように設置するとともに、地面と接する滑り止めが擦り減っていないことを確認する。

2.脚立は開脚しないようにストッパーをセットする。
3.脚立では天板上に乗らず脚立を両足でまたいで乗る。高さが足りないときは、長い脚立を使用する。