働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 墜落・転落 > 暗がりの中で写真撮影のため後ろに下がった時、階段に気づかず転落しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
暗がりの中で写真撮影のため後ろに下がった時、階段に気づかず転落しそうになった
暗がりの中で写真撮影のため後ろに下がった時、階段に気づかず転落しそうになった
拡大
業種

建設業

作業の種類

現地事前調査

ヒヤリ・ハットの状況

 観光資源開発のため寺院の現地事前調査の際、暗がりの中で寺院内部の写真を撮ろうと後ろに下がった時、後ろの階段に気づかず、後ろ向きに4段程転落した。
 足を踏み外して最下部まで落下したら大怪我を負うところであった。

原因

 歩行先の安全確認が不足していた。

対策

 写真を撮る時は被写体に注意を集中させるため、足元や後方への注意がおろそかになりがちである。撮影現場の周囲の状況を事前によく確認すること、撮影しながら身体を移動させるときには危険予知行うことを習慣づける。