働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 墜落・転落 > トラック荷台上で鋼材に掛けていたシートを剥がす作業中、雨で濡れた鋼材の上で足が滑り転倒しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
トラック荷台上で鋼材に掛けていたシートを剥がす作業中、雨で濡れた鋼材の上で足が滑り転倒しそうになった
トラック荷台上で鋼材に掛けていたシートを剥がす作業中、雨で濡れた鋼材の上で足が滑り転倒しそうになった
拡大
業種

道路貨物運送業

作業の種類

トラックからの荷降ろし準備

ヒヤリ・ハットの状況

 配送先工場で鋼材を降ろす前準備として、トラック荷台に上がり、鋼材に掛けていたシートを剥がす作業中、雨で濡れた鋼材の上で足(安全靴)が滑り転倒し、トラック荷台から転落しそうになった。安全帯を着用していたので転落しなかった。

原因

 足元の注意不足(雨で濡れた鋼材は滑りやすいことの考慮が不足)

対策

 安全帯の着用(トラックの荷台での作業では、安全帯を着用しないことが多いが、荷台からの転落防止のため、安全帯の着用が必要)