働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > はさまれ・巻き込まれ > 車いすの利用者の降車介助の際、リフトと地面の間に足の爪先を挟みそうになった
ヒヤリ・ハット事例
車いすの利用者の降車介助の際、リフトと地面の間に足の爪先を挟みそうになった
車いすの利用者の降車介助の際、リフトと地面の間に足の爪先を挟みそうになった
拡大
業種

保健・衛生業

作業の種類

降車の介助

ヒヤリ・ハットの状況

 デイサービスの送迎業務中、車いすに乗った利用者のリフト付ワゴン車からの降車を介助していた際、リフト上下ボタンを操作しリフトを下げていたところ、利用者の見守りに集中していたため、足の爪先がリフトと地面の間に挟まれそうになった。

原因

 利用者の見守りに集中し、リフトの着地点に立っていることに気がつかなかったこと。

対策

 リフトの操作時には、安全な立ち位置であることを十分確認すること。また、リフトの操作手順書を作成し(若しくは、リフト付ワゴン車の取扱説明書に従い)、送迎を担当する職員に十分な安全衛生教育を行うこと。