働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > はさまれ・巻き込まれ > インパクトドライバーを使用中、手袋をはめた手がドリルに巻き込まれそうになった
ヒヤリ・ハット事例
インパクトドライバーを使用中、手袋をはめた手がドリルに巻き込まれそうになった
インパクトドライバーを使用中、手袋をはめた手がドリルに巻き込まれそうになった
拡大
業種

建設業

作業の種類

壁の穴開け

ヒヤリ・ハットの状況

 建設現場にて、コンクリートの壁にインパクトドライバーを用いて穴を開けようとしていたところ、手袋をはめた手がインパクトドライバーのドリルに巻き込まれそうになった。

原因

 インパクトドライバーの回転部に手を近づけてしまったこと。また、手袋を使用していたこと。

対策

 インパクトドライバー等の電動工具(電動ドリル、電動のこぎり、ディスクグラインダー、電動かんな等)の使用中は、絶対に回転部に手足や身体を近づけないこと。また、回転するインパクトドライバーのビット(軸)に手が巻き込まれるおそれがあるため、手袋は着用しないこと(手袋の素材や、指の先端部分のだぶつく部分がインパクトドライバーのビットに巻き込まれてしまうおそれがある)。