働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > はさまれ・巻き込まれ > 箱詰機を使用中、詰まった製品を取り除こうとしたところ、手が挟まれそうになった
ヒヤリ・ハット事例
箱詰機を使用中、詰まった製品を取り除こうとしたところ、手が挟まれそうになった
箱詰機を使用中、詰まった製品を取り除こうとしたところ、手が挟まれそうになった
拡大
業種

製造業

作業の種類

箱詰機の調整

ヒヤリ・ハットの状況

 自動箱詰ラインにて、箱詰機に製品が詰まり機械が停止した際、機械が(運転完了のため)自動停止したと思い、箱詰機の停止ボタンを押すことなく箱詰機のカバーを外し、詰まった製品を取り除こうとしたところ、突然機械が動き出し、手が挟まれそうになった。

原因

 詰まった製品の除去にあたり、箱詰機の停止ボタンを押し、完全な停止を確認しなかったこと。また、カバーを開けると機械が自動的に停止する安全スイッチがなかったこと。

対策

 カバーを外すと機械が停止する安全装置(インターロック)を取り付けること。調整、除去等の作業時には、停止ボタンを押し、箱詰機の停止を確認したうえで作業を行うこと。また、調整、除去等に係る作業手順書を作成し、作業者に対し安全衛生教育を十分に行うこと。