働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 転倒 > 同僚作業員と鉄板を運搬中、足がもつれ転倒しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
同僚作業員と鉄板を運搬中、足がもつれ転倒しそうになった
同僚作業員と鉄板を運搬中、足がもつれ転倒しそうになった
拡大
業種

製造業

作業の種類

鉄板の運搬

ヒヤリ・ハットの状況

 工場内にて、同僚作業員と二人で鉄板を持ち、後ろ向きに運搬していたところ、足がもつれ転倒しそうになった。

原因

 鉄板を持っていたため、どちらの作業者も足元が見えにくい状態で作業していたこと。また、前向きに運搬していた作業者が、後ろ向きに運搬していた作業者に対する目配り、声掛けが十分でなかった。

対策

 足元が見えにくくなるほどの大きさの物を持ち運ぶ際は、できるだけ台車等の運搬用具を使用する。また、複数の作業者で運搬する際は、互いに十分な周囲の目配り、声がけを行うこと。