働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 墜落・転落 > 脚立に乗って窓の拭き掃除を行っていたところ、脚立がぐらつき転落しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
脚立に乗って窓の拭き掃除を行っていたところ、脚立がぐらつき転落しそうになった
脚立に乗って窓の拭き掃除を行っていたところ、脚立がぐらつき転落しそうになった
拡大
業種

社会福祉施設

作業の種類

窓ガラスの拭き掃除

ヒヤリ・ハットの状況

 高齢者施設1階の窓ガラスを、脚立の天板に乗って屋外から拭き掃除を行っていたところ、脚立を立てた地面に段差があったため、脚立がぐらつき転落しそうになった。

原因

 段差に気がつかないまま、地面に脚立を立てたこと。また、窓ガラスに対し水平に脚立を立てていたこと。

対策

 脚立を立てる際は、地面(床面)に段差がないか十分確認し、四本の足を地面(床面)に水平に立てること。また、脚立が不意に開閉してしまわないように、しっかりと開き止め金具を架け、天板に乗って作業しないこと。