働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 墜落・転落 > キャビネットに並べてある資料をとろうとしたところ、転落しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
キャビネットに並べてある資料をとろうとしたところ、転落しそうになった
キャビネットに並べてある資料をとろうとしたところ、転落しそうになった
拡大
業種

小売業

作業の種類

事務作業

ヒヤリ・ハットの状況

 事務所において、高さ2.5mほどのキャビネットに並べてある資料をとろうと、キャスター付の椅子の上に乗ったところ、椅子が動いてバランスを崩し、転落しそうになった。

原因

 手が届かない高さのキャビネットから資料をとる際、キャスター付の椅子を踏み台代わりに使用したこと。

対策

 キャビネットの高い位置にある資料・書籍等をとろうとするときは、椅子を踏み台代わりに使用せず、踏み台、又は開き止め金具をしっかり架けた脚立等を使用すること。また、キャビネットは壁にしっかり固定すること。