働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 有害物との接触 > 居酒屋(カウンター式焼き鳥)の燃え残りの炭を火消壷に移す作業で気分が悪くなった
ヒヤリ・ハット事例
居酒屋(カウンター式焼き鳥)の燃え残りの炭を火消壷に移す作業で気分が悪くなった
居酒屋(カウンター式焼き鳥)の燃え残りの炭を火消壷に移す作業で気分が悪くなった
拡大
業種

飲食店

作業の種類

燃え残りの炭火片付け

ヒヤリ・ハットの状況

 カウンター式飲食店(焼き鳥居酒屋)において、営業終了後に従業員が換気扇を止めてカウンター下の内部におかれた燃え残りの炭を火消壷に移し替えていた。
 30分ほど作業しているうちに気分が悪くなった。

原因
室内換気扇を止めて作業をした。
炭火の一酸化炭素による中毒防止について必要な作業心得など不徹底であった。
対策
炭火による一酸化炭素中毒防止について関係者の安全衛生教育を徹底させること。
営業終了後の炭火片付けのルール(手順)を明確にし、その徹底をはかること。