働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 切れ・こすれ > 冷凍鰹のカット中、包丁が滑り手に触れそうになった
ヒヤリ・ハット事例
冷凍鰹のカット中、包丁が滑り手に触れそうになった
冷凍鰹のカット中、包丁が滑り手に触れそうになった
拡大
業種

食品加工

作業の種類

冷凍魚(鰹)の切断

ヒヤリ・ハットの状況

 スーパーに出荷するため、冷凍魚(鰹)を加工テーブルの上で包丁で切断する作業を行っていたところ、右手で持っていた包丁が滑り刃が左手親指に当たりそうになった。

原因

切れ防止用の保護手袋をしていない。

対策

作業姿勢や加工する冷凍魚に応じた押え方、切り方などについて教育するとともに、保護手袋を使用させる。