アンケートにご協力お願いします。

ビル解体工事にて溶断された配管の運搬作業中、亜鉛中毒となり入院

  労働災害事例イラスト イラストをクリックすると拡大表示されます
発生状況
 本災害は、ビル解体工事にて溶断された配管を運搬する作業中に発生した。
 ビル解体工事において設置されていた空気設備機器の配管を、同僚がガス溶接機を使用して溶断し、被災者Aは溶断した配管を運び出す作業をしていた。Aは体のだるさを感じながら作業に従事し、作業終了後に帰宅したが、帰宅後に発熱や吐き気、関節痛の症状が出たため、病院で受診したところ亜鉛中毒の疑いがあり、1日間入院加療後に回復し、退院した。
原因
1 亜鉛メッキが施された配管のガス溶接による溶断作業において、防塵マスクを着用していたが、正しく着用していなかったために、防塵マスクの機能が十分に発揮できなかったこと。
2 防塵マスクの正しい着用方法の知識が労働者に無かったこと。
3 労働者の安全衛生意識が低かったこと。
対策
1 労働者に対して、防塵マスク等の呼吸用保護具を正しく着用するための研修を行うと共に、安全意識高揚のためのガス溶接作業における健康障害(中毒)等の有害性も含めた安全衛生教育を実施すること。
業種 はつり・解体工事業
事業場規模 5〜15人
機械設備・有害物質の種類(起因物) 有害物
災害の種類(事故の型) 有害物等との接触
建設業のみ 工事の種類
災害の種類
被害者数
死亡者数:0人 休業者数:1人
不休者数:0人 行方不明者数:0人
発生要因(物)
発生要因(人)
発生要因(管理)
NO.101310
このページのトップへ戻ります
アンケートにご協力お願いします。