アンケートにご協力お願いします。

屋根葺き工事中、足場板とともに墜落

  労働災害事例イラスト イラストをクリックすると拡大表示されます
発生状況
 この災害は、木造倉庫の屋根の瓦葺き工事において、丸太足場の点検中に発生したものである。
 災害発生当日は、午前7時頃に現場責任者Aと作業者B、Cの3人が作業現場に到着した。3人は地下足袋に履き替えて屋根に上がり、Aは、BとCに対し、当日の作業内容について、台風が来るのでその準備をし屋根の釘打ちはしないこと、足場は点検してから使用すること等を指示した。
 Cは、Aの指示に従って足場を点検しようとして屋根北側の軒先まで行き、軒先から丸太足場上に架け渡されていた足場板に飛び乗ったところ、番線等で他の足場板と緊結されていなかったため、足場板が天びん状態となってバランスを崩し、その足場板とともに約5.5m下の地上に墜落し、間もなく死亡した。
 このときCは保護帽を着用しておらず、また、安全帯も着用していなかった。さらに、丸太足場には、手すりがなく、屋根軒先にも墜落防止措置が講じられていなかった。
原因
 この災害の原因として、次のようなことが考えられる。
1  固定されていない足場板に飛び乗ったこと
Aから「足場板は点検して使うように」という指示があったので、Cは屋根北側の軒先から足場の点検をしようと思い足場板に飛び乗ったが、足場板同士の重ね部を番線等で固定していなかったため、足場板が天びん状態になり、墜落した。
2  丸太足場に、手すりがなかったこと
3  屋根上での作業に関わらず屋根の軒先に転落・墜落防止措置が講じられていなかったこと
4  Cは、保護帽を着用しておらず、また、安全帯も着用していなかったこと
対策
 同種災害防止のためには、次のような対策の徹底が必要である。
1  足場板は番線等で緊結するとともに、足場の構成部材、手すり、足場板の取付け部、緊結部等を点検し、異常を認めたときは直ちに補修すること
 丸太足場では、足場を使用する作業を行うに当たって、作業を開始する前に、床材の取付け、かけ渡しの状態、手すり等の有無、脱落の有無、足場板同志の重ね部の緊結状態等を点検し、異常を発見した場合には、適切に補修等を行うことが必要である。
2  丸太足場での作業を行う場合には、墜落を防止するための手すりを設けること
3  屋根上で作業を行う場合には、軒先からの転落、墜落を防止するため、軒先上に丸太足場の建地を延長し、手すりを設けること
4  作業者には必ず保護帽と安全帯を着用させ、墜落のおそれのある屋根作業、軒先作業等では必ずこれらを使用させること
業種 木造家屋建築工事業
事業場規模 1〜4人
機械設備・有害物質の種類(起因物) 足場
災害の種類(事故の型) 墜落、転落
建設業のみ 工事の種類 木造家屋建築工事
災害の種類 足場から墜落
被害者数
死亡者数:1人 休業者数:0人
不休者数:0人 行方不明者数:0人
発生要因(物) 組立、工作の欠陥
発生要因(人) 無意識行動
発生要因(管理) 不意の危険に対する措置の不履行
NO.101109
このページのトップへ戻ります
アンケートにご協力お願いします。