ピクリン酸
(Picric acid)


成分:ピクリン酸
CAS番号:88-89-1

爆弾の爆発どくろ健康有害性

危険


危険有害性情報
  爆発物:大量爆発危険性
飲み込むと有毒
アレルギー性皮膚反応を起こすおそれ
強い眼刺激
呼吸器への刺激のおそれ
中枢神経系、血液系、肝臓、腎臓の障害
長期にわたる、又は反復ばく露による血液系、肝臓、精巣の障害のおそれ
水生生物に有害
  
注意書き
  【安全対策】
    熱/火花/裸火/高温のもののような着火源から遠ざけること。−禁煙。
乾燥が危険有害性を増加させる場合は、適切な物質で湿らせて保管すること。
容器を接地すること/アースをとること。
粉砕/衝撃/摩擦のような乱暴な取扱いをしないこと。
粉じん/煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーを吸入しないこと。
粉じん/煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーの吸入を避けること。
取扱後はよく手を洗うこと。
この製品を使用するときに、飲食又は喫煙をしないこと。
屋外又は換気の良い場所でのみ使用すること。
汚染された作業衣は作業場から出さないこと。
環境への放出を避けること。
保護手袋/保護衣/保護眼鏡/保護面を着用すること。
    
  【応急措置】
    飲み込んだ場合:直ちに医師に連絡すること。
皮膚に付着した場合:多量の水と石けん(鹸)で洗うこと。
吸入した場合:空気の新鮮な場所に移し、呼吸しやすい姿勢で休息させること。
眼に入った場合:水で数分間注意深く洗うこと。次にコンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。その後も洗浄を続けること。
ばく露又はばく露の懸念がある場合:医師に連絡すること。
気分が悪い時は医師に連絡すること。
気分が悪いときは、医師の診断/手当てを受けること。
特別な処置が必要である(このラベルの・・・を見よ)。
口をすすぐこと。
皮膚刺激又は発しん(疹)が生じた場合:医師の診断、手当てを受けること。
眼の刺激が続く場合:医師の診断/手当てを受けること。
汚染された衣類を脱ぎ、再使用する場合には洗濯をすること。
火災の場合:区域から退避させること。
火災の場合に爆発する危険性あり。
炎が爆発物に届いたら消火活動をしないこと。
    
  【保管】
    国又は都道府県の規則に従って保管すること。
換気の良い場所で保管すること。容器を密閉しておくこと。
施錠して保管すること。
    
  【廃棄】
    内容物/容器を都道府県知事の許可を受けた専門の廃棄物処理業者に依頼して廃棄すること。
    
  【その他の危険有害性】
    情報なし
    

供 給 者:○○○○株式会社     

 
毒物及び劇物取締法:劇物
消防法:第5類自己反応性物質、ニトロ化合物、危険等級T又はU、火気厳禁、衝撃注意
国連番号:0154
指針番号:112
ロットNo. XYZ0123
医薬用外劇物