あんぜんプロジェクトメンバーの皆様

こんにちは。厚生労働省労働基準局安全衛生部安全課の小川です。
今月は、私の「かぼちゃエピソード」を紹介し、みなさまと引き続き、労働安全について考えていければと思っています。

先日、自宅で夕飯を作っている時、固いカボチャに包丁を入れようとしたのですが、
なかなか切りきれず、反動で包丁が右手の中指に当たり、ケガをしてしまいました。自分でも引くぐらいの血が溢れ、その後、しばらく痛みはあったものの、今は、「とりあえず」元に戻りました。

ここで「とりあえず」とお伝えしたのは、機能としては何も問題ないのですが、中指に傷の「跡」は残ってしまいました。おそらくこのまま、傷は消えないのかな、と思います。

料理をされる方なら、もはや常識のレベルかもしれませんが、固いカボチャを無理なく切る方法として、最初にレンジで少し加熱することで、切りやすくする方法があります。
実は、私、これを知っていたのですが、「ちょっと面倒」だったので、レンジの工程を抜きました。そして、ケガをしてしまいました。

私のケガは、「労働災害」ではありません。でも、労働災害が発生する時も、同じような状況があるのではないか、と思います。

「こうしたほうがいいことはわかっているけど、ちょっと面倒だから。」

時には、それでもうまくいくことがあります。
でも、もしうまくいかなかったら、、、

それが、例え小さな傷であっても。一度負った傷は、完全に治るとは限りません。
もしそれが命に関わるような結果につながってしまったら。。。。

普段の業務や作業について、「わかりきっている作業」「慣れている作業」だからこそ、あらためて、作業のルールや潜んでいる危険について、考えていただきたいな、と思います。

誰もが安心、安全に働ける職場を目指して。
私もカボチャを切るときは、レンジで加熱するようにします笑
VR教材の体験会を開催します
厚生労働省では、VR技術を用いた安全衛生教育教材の体験会を開催します。
令和2年12月から令和3年2月までに、全国7都市で体験会を開催予定です。参加費は無料となっておりますので、この機会にぜひご参加ください。
なお、新型コロナウイルス感染症の状況によっては、急遽中止とさせていただくことがございますので、予めご了承ください。
 ■ VRを用いた安全衛生教育教材の体験会
  https://www.mizuho-ir.co.jp/seminar/info/2020/mhlw-vr-event/index.html
技能講習補助教材についてご意見を募集します
厚生労働省では、多言語に対応した技能講習用補助教材を作成しています。
よりわかりやすい教材を作成するため、訳語や構成について、皆様からの意見を募集しております。期限は1月13日までとなっておりますので、是非ご意見をいただければと思います。
 ■ 厚生労働省 技能講習補助教材作成事業について
  https://www.mobilecrane.jp/
令和2年度「安全優良職長厚生労働大臣顕彰」受賞者を決定しました
優れた技能と経験を持ち、担当する現場や部署で作業の安全を確保して優良な成績を挙げた職長を、令和2年度の「安全優良職長」として厚生労働大臣から顕彰することを決定しました。
労働災害による休業4日以上の被災者数が約12万人を超える(令和元年)中、この制度は、高い安全意識を持って適切な安全指導を実践してきた優秀な職長を顕彰することにより、その職長を中心とした事業場や地域における安全活動の活性化を図ることを目的に実施しています。
 ■ プレスリリース
  https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_14926.html
外国人労働者の安全衛生管理をサポートします
令和2年7月に開設しました外国人在留支援センターの安全衛生班では、外国人労働者の安全衛生に関するご相談を受け付けております。
相談に係る費用は無料となっておりますので、積極的にご活用ください。
 ■ 外国人在留支援センター 安全衛生班
  https://www.toukiren.or.jp/fresc/
あんぜんサイト更新情報
 ■ 11月30日 安全衛生優良企業公表制度の新着認定企業を更新しました。
  https://anzeninfo.mhlw.go.jp/shindan/shindan_klist.html
 ■ 『見える』安全活動コンクール投票は、12月31日までです。
  https://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzenproject/concour/2020/list1a.html
お心当たりのない方、 配信停止を希望されるお客様はお手数ですが
こちらをクリックしてください