あんぜんプロジェクトメンバーの皆様

こんにちは。厚生労働省安全衛生部安全課の繁野です。
今月は厚生労働省で労働災害対策を担当する私が、業務で抱える課題などについて書きたいと思います。
1分もあれば読み終わりますので、ぜひご一読ください。

最後の方で、日本の労働災害を減少させるためのアイディアを募集しております!
ぜひ、ざっくばらんに、皆様の御意見をお聞かせください!

さて、私の所属する安全衛生部安全課では、日本の労働災害を減少させるため、あれやこれやと対策を考え、様々な施策を行っております。
しかし、なかなか労働災害は減りません。特に第三次産業は全然減少しません。

これを減少するためにどうすればいいか。安全衛生部安全課ではチームを組んで検討をしております。
検討していく中で、行きつく課題の一つが、安全衛生に無関心な方々への対策の周知です。

安全衛生を優先し日頃から取組を行っていただいているメンバーの皆様は、当課の各種施策(STOP!転倒災害プロジェクト、エイジフレンドリーガイドラインなど)をご存知の方も多くいらっしゃると思います。
これを、無関心な方に広げていく。事業者の安全対策や労働者の安全行動につなげていく。
そのためにも、メンバーの皆様から各種施策の周知を、ぜひよろしくお願いします!

また、みなさまから、日本の労働災害を減少させるためのアイディアを募集します!
いただいたアイディアについて、チーム内で検討をさせていただきます。
 contact-anzenproject@cs.jp.fujitsu.com
「労働安全衛生マネジメントシステム指針説明会」を開催します
労働安全衛生マネジメントシステムは、労働災害の防止と労働者の健康増進、さらに進んで快適な職場環境を形成し、事業場の安全衛生水準の向上を図ることを目的とした安全衛生管理の仕組みです。
厚生労働省では、労働安全衛生マネジメントシステム指針についての説明会を、11月下旬よりオンラインにて開催します(7回開催)。
労働安全衛生ご担当者様、またご興味のある方の参加をお待ちしております。
 ■ 労働安全衛生マネジメントシステム指針説明会
  http://langate.co.jp/oshms/
「マンガでわかる働く人の安全と健康」を公開しました
厚生労働省では、働く人の安全と健康について、初めて学ぶ方向けに視聴覚教材(漫画教材)を作成し、厚生労働省HPに掲載しました。
外国人労働者等に対して適切な安全衛生教育が実施されるよう、8業種(※)及び共通事項について、11言語に対応した教材を用意しました。事業場における安全衛生教育に、ぜひご活用ください。
※介護業、ビルクリーニング業、製造業(素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業)、自動車整備業、航空業、宿泊業、飲食料品製造業、外食業
 ■ マンガでわかる働く人の安全と健康(教育用教材)
  https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_13668.html
腰痛予防対策講習会の申し込み受付中!(陸上貨物運送事業、社会福祉施設等保健衛生業関係者向け)
職場における腰痛は、適切な予防対策を講じないと、スタッフの長期休業や離職にもつながりかねません。
厚生労働省では、看護や介護に従事する職場と、陸上貨物運送業に焦点をおいた講習会を開催しております。
11月以降は、神奈川、京都、兵庫、愛知、大阪、東京、千葉、静岡会場で開催予定ですので、是非お申し込みください。
 ■ 腰痛予防対策指針について(厚生労働省ホームページ)
  https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/youtsuushishin.html
 ■ 令和2年度腰痛予防対策講習会申込サイト(委託事業者ホームページ)
  https://seminar.tairapromote.co.jp/yotsu-yobo
チェーンソーを用いた伐木等作業の安全対策の講習会を開催します
伐木等の作業を行う事業場の安全担当者向けに安全対策講習会を11月以降に全国8か所で開催します。
チェーンソーを使用して伐木等作業を行う機会のある林業、建設業、造林業等の事業場の安全担当の皆様、ぜひご参加ください。
詳細は、こちらをご覧ください。
 ■ チェーンソーを用いた伐木等作業の安全対策 講習会のご案内
  https://www.jashcon.or.jp/contents/training-chainsaw
あんぜんサイト更新情報
 ■ 9月28日 安全衛生優良企業公表制度の新着認定企業を更新しました。
  https://anzeninfo.mhlw.go.jp/shindan/shindan_klist.html
お心当たりのない方、 配信停止を希望されるお客様はお手数ですが
こちらをクリックしてください