働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 切れ・こすれ > 電動サンダーを使用して階段手すりの錆を落としていたところ、サンディングディスクが手首に触れてしまいそうになった
ヒヤリ・ハット事例
電動サンダーを使用して階段手すりの錆を落としていたところ、サンディングディスクが手首に触れてしまいそうになった
電動サンダーを使用して階段手すりの錆を落としていたところ、サンディングディスクが手首に触れてしまいそうになった
拡大
業種

建設業

作業の種類

階段手すりの錆落とし

ヒヤリ・ハットの状況

 外壁塗り替え工事の現場にて、ディスクサンダーを使用して階段手すりの錆を落としていたところ、手元が滑り、サンディングディスクが左手首に触れてしまいそうになった。

原因

 電動サンダーを素手で、片手で使用していた。

対策

 ディスクサンダーは素手で持たず、ゴム手袋を着用する。尚、綿製手袋や革手袋は、ディスクサンダーに挟まれたり、巻き込まれたりしてしまうおそれがあるため着用しないこと。また、ディスクサンダーは両手でしっかり持つこと。