メガネ曇り止め設置
保護メガネ着用が必須な部屋に入室した時、昨今のコロナ対策のマスク着用の結果、メガネが曇り視界不良で転倒災害になる危険があるため、部屋の前に曇り止めを設置した。
~~~【PR内容】~~~
曇り止めは万が一目に入った場合有害となるため、見える位置にSDSを配置。
また、専用のメガネ拭き(使い捨てタイプ)を置くことでメガネの清潔さを保っている。
参考資料: 資料
業種: その他の事業