働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

がん原性試験実施結果

p-クロロニトロベンゼンの経口投与によるがん原性試験結果の概要

1. 目的
 p-クロロニトロベンゼンのがん原性を検索する目的で、ラットおよびマウスを用いた経口投与(混餌)による長期試験を実施した。
2. 方法
○対象動物
 試験には、F344/DuCrj(Fischer)ラット(6週齢)およびCrj:BDF1マウス(6週齢)を用い、それぞれ雌雄各群50匹、4群の構成とし、合わせてラット400匹、マウス400匹を使用した。
○投与方法
 p-クロロニトロベンゼンの濃度をラットでは雌雄とも1000、200、40、0ppm(対照群)、マウスでは雌雄とも2000、500、125、0ppm(対照群)となるように飼料に混ぜ、自由摂取させた。投与濃度は13週間の予備試験結果に基づいて決定した。投与期間は104週間(2年間)とした。
○観察、検査項目
 一般状態の観察、体重と摂餌量の測定、尿検査、血液学的検査、血液生化学的検査、剖検、臓器重量測定、病理組織学的検査を実施した。
3. 結果
○ラット
・生存数等
 生存数は、雌雄の1000ppm群で対照群と比較して低下した。死因の多くは脾臓の腫瘍であった。体重は、雄で1000ppm群で対照群と比較して増加抑制が認められた。雌では1000ppm群と200ppm群で対照群と比較して増加抑制が認められた。
・腫瘍性病変(表1)
 雌雄ともに脾臓の線維肉腫、骨肉腫、血管肉腫、肉腫NOSおよび線維腫ならびに副腎の褐色細胞腫の発生が増加した。
表1 腫瘍の発生数(ラット)
濃度対照群40ppm群200ppm群1000ppm群
雄(検査動物数)(50)(50)(50)(50)
  脾臓 線維肉腫 0 1 0 29
      骨肉腫 0 0 0 11
      肉腫NOS 0 0 1 6
      血管肉腫 0 0 5 7
      線維腫 0 0 1 15
  副腎 褐色細胞腫 7 7 6 16
雌(検査動物数) (50)(50)(50)(50)
  脾臓 線維肉腫 0 0 0 17
      骨肉腫 0 0 0 3
      血管肉腫 0 0 2 4
      線維腫 0 0 1 3
  副腎 褐色細胞腫瘍 3 6 4 16
○ マウス
・生存数等
 生存数は、雌雄の2000ppm群で対照群と比較して低下した。体重は、雌雄とも対照群と比較して差は認められなかった。
・腫瘍性病変(表2)
 雄に血管腫、悪性リンパ腫および肝細胞癌の発生増加がみられた。雌に肝臓の血管肉腫と肝細胞癌の発生増加がみられた。
表2 腫瘍の発生数(マウス)
濃度対照群125ppm群500ppm群2000ppm群
雄(検査動物数) (50)(50)(50)(50)
  リンパ節 悪性リンパ腫 2 2 1 8
  肝臓 肝細胞癌 1 3 1 6
  全臓器 血管腫 3 0 1 5
雌(検査動物数)(50)(50)(50)(50)
  肝臓 血管肉腫 0 1 0 5
      肝細胞癌 2 0 2 5
4. まとめ
 2年間にわたるp-クロロニトロベンゼンの経口投与(混餌)によるがん原性試験の結果、ラットの雌雄に脾臓の線維肉腫、骨肉腫、血管肉腫、肉腫NOSおよび線維腫ならびに副腎の褐色細胞腫の発生増加が認められ、p-クロロニトロベンゼンのF344/DuCrj(Fischer)ラットに対するがん原性が認められた。マウスでは雄に血管腫、悪性リンパ腫および肝細胞癌、雌に肝臓の血管肉腫と肝細胞癌の発生増加がみられたが、発生率が低値であることからp-クロロニトロベンゼンのCrj:BDF1マウスの雌雄に対するがん原性を断定するに至らなかった。