働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

熱処理作業におけるリスクアセスメントのすすめ方

4.リスクアセスメントの実施手順


1.労働災害(健康障害を含む)が発生する仕組み

労働災害は、危険性又は有害性と人(作業者)の両者の存在があって、発生します。どちらか一方が存在するだけでは、労働災害には至りません。例えばただ単に刃物があるだけでは、災害にならず、それを人が持って(使用して)初めて災害に至るリスクが発生します。この状態で、安全衛生対策の不備、不具合等があった場合、労働災害となります。これを図に表せば以下のとおりです。

労働災害が発生する仕組みを表した図

危険性又は有害性から労働災害(健康障害を含む)に至るプロセス


リスクアセスメント一覧へ戻る

このページのトップへ戻る