働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

熱処理作業におけるリスクアセスメントのすすめ方

3.リスクアセスメントの目的と効果


1.リスクアセスメントの目的

リスクアセスメントを導入し実施する、主な目的は次のとおりです。

職場のみんなが参加して、職場にある危険の芽(リスク)とそれに対する対策の実情を知って、災害に至る危険性と有害性を事前にできるだけ取り除いて、労働災害が生じないような快適な職場にすることです。

2.リスクアセスメントの効果

リスクアセスメントを実施することにより、次のような効果が期待できます。

  1. [1]職場のリスクが明確になります。
  2. [2]職場のリスクに対する認識を管理者を含め、職場全体で共有できます。
  3. [3]安全対策について、合理的な方法で優先順位を決めることができます。
  4. [4]残されたリスクについて「守るべき決め事」の理由が明確になります。
  5. [5]職場全員が参加することにより「危険」に対する感受性が高まります。

3.リスクアセスメントの法的位置づけ

熱処理作業を行う製造業の事業者は、労働安全衛生法第28条の2により、リスクアセスメントの実施に努めなければなりません。

イメージイラスト


リスクアセスメント一覧へ戻る

このページのトップへ戻る