働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

熱処理作業におけるリスクアセスメントのすすめ方

1.リスクアセスメントの手法で危険の芽を摘み取ろう


職場では多種多様な作業が行われ、また、新たな作業方法の採用、変更及び作業の機械化などが進んでおり、それらの実態や特性にあった安全衛生対策を行っていく必要性が高まっています。職場にある様々な危険の芽(リスク)を見つけ出し、災害に至る前に、先手を打って対策を施し、リスクの除去・低減措置を行い、更なる労働災害の減少を図るための手法の一つに「リスクアセスメント」があります。

災害の起因物が「炉・窯」による休業4日以上の死傷災害について事故の型別にみると、「高温・低温の物との接触」によるものが約3分の2を占めていますが、高温物との接触から起こる事故のほか、種々の原因による災害が発生しています。そのため、熱処理について、まずは危ないと思われる作業・作業場所を絞り込み、できるところからリスクアセスメントを始めてみましょう。

一概に熱処理作業といっても様々な方式があるため、ここでは、熱処理の中でもガス浸炭焼き入れ作業を中心に考えてゆきます。

本マニュアルは、様々な業種で行われる熱処理作業に伴う災害を防止するためのリスクアセスメントのすすめ方をまとめたものです。このマニュアルを活用して、災害防止に努めましょう。

起因物「炉:窯」による事故の型別労働災害発生状況(休業4日以上の死傷災害)

起因物「炉:窯」による事故の型別労働災害発生状況(休業4日以上の死傷災害)
事故の型 平成15年 平成16年 平成17年 平成18年 平成19年 19年割合
(%)
合計 103 187 181 182 174 100.0
墜落・転倒 6 11 8 4 5 2.9
転倒 3 0 2 3 1 0.6
激突 6 8 4 1 5 2.9
飛来・落下 7 15 5 4 3 1.7
崩壊・倒壊 2 2 1 2 6 3.5
激突され 2 1 3 3 2 1.2
はさまれ・巻き込まれ 13 18 17 8 13 7.5
高温・低温の物との接触 143 122 131 135 116 66.7
有害物等との接触 4 4 4 1 0 0.0
爆発 10 2 3 10 13 7.5
火災 0 2 1 3 4 2.3
動作の反動・無理な動作 6 0 1 5 2 1.2
その他・分類不能 1 2 1 3 4 2.3

資料出所:労働者死傷病報告

起因物「炉:窯」による事故の型別労働災害発生状況(平成19年)

円グラフ

業種別のリスクアセスメント一覧表へ戻る

このページのトップへ戻る