働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 墜落・転落 > タンクローリーの頂部から降りる際、梯子を踏み外し転落しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
タンクローリーの頂部から降りる際、梯子を踏み外し転落しそうになった
タンクローリーの頂部から降りる際、梯子を踏み外し転落しそうになった
拡大
業種

燃料小売業

作業の種類

タンクローリー頂部からの降車

ヒヤリ・ハットの状況

 ガソリンスタンドにて、荷受け確認のためタンクローリーへ上がっていた際、給油の客が来店し、対応できる他の店員がいなかったため慌てて下りようとしたところ、タンクローリーの梯子を踏み外し転落しそうになった。

原因

 来店客の対応とはいえ、慌てて梯子を下りようとしたこと。

対策

 タンクローリーの上部で作業を行う際は、耐滑性のある靴を履き、梯子の昇降時には、両手両足の4箇所のうち3箇所で身体を確保し、残りの1箇所だけを動かして安全を確保しながら「三点確保(三点支持)」の基本的な動作を守ること。また、タンクローリーの上部で作業を行う旨を他の店員に伝え、来店客、電話等に対する咄嗟の対応を依頼しておくこと。