働く人の安全を守るために有用な情報を発信し、職場の安全活動を応援します。
働く人、家族、企業が元気になる職場を創りましょう。

ホーム > ヒヤリ・ハット事例 > 墜落・転落 > 波形スレート屋根を踏み抜き、コンクリート床に転落しそうになった
ヒヤリ・ハット事例
波形スレート屋根を踏み抜き、コンクリート床に転落しそうになった
波形スレート屋根を踏み抜き、コンクリート床に転落しそうになった
拡大
業種

建設業

作業の種類

スレート屋根の解体

ヒヤリ・ハットの状況

 倉庫の解体工事の際、老朽化したスレート屋根の上を歩行していたためスレート材を踏み抜き、コンクリート床に転落しそうになった。

原因

 作業にあたり、屋根の上に歩み板の設置がなされていなかった。また、安全帯も使用していなかった。

対策

 スレート、木毛版等の材料でふかれた屋根の上で作業を行う際は、踏み抜きによる危険防止のため、幅30cm以上の歩み板を設けること。また、建屋内部に安全網を張る、あるいは屋根の上部にピンと張られた親綱を設置し、安全帯を使用するなど、踏み抜きによる危険を防止するための措置を講ずること。