title
会社名:株式会社竹中工務店 東京本店 業種:建設業
所在地:東京都江東区新砂1-1-1
電話番号:03-6810-5112

安全方針 【安全衛生方針】 災害、事故の撲滅を図り 安全で快適な職場を実現する。
【活動指針】
1. 従業員、協力会社一丸となった安全衛生管理活動に徹する
2. 労働安全衛生に関する法規、社内例規を遵守する
3. 品質保証体系に基づき確実な安全衛生管理を実施する
4. 教育の実施により従業員、協力会社の安全衛生意識の向上を図る

安全への取組み事例
【墜落・転落災害防止】
①墜落防止特別点検の合同巡回実施
作業所トップの管理姿勢・レベルを関係者で共有するため、毎月1、15日に統括安全衛生責任者+リーダー会+元請担当者による墜落防止特別点検の合同巡回を実施する。
②安全帯使用訓練の実施
作業開始前に実際に安全帯を使用・体感し、安全帯使用を習慣化する。
【不安全行動災害の防止対策の推進】
①「指差呼称」の推進
不安全行動を防止するため「指差呼称」を展開。さらには、推進キャンペーン、本店長特別表彰を実施し、「指差呼称」の推進を図る。
②3年未満作業員への声掛け実施
3年未満作業員のヘルメットへ識別シール貼付し、周りからの「声かけ」を推進する。
③各種体感型訓練の実施
「可搬式作業台昇降訓練・組立訓練」「カッター取扱い訓練」などの体感型訓練を実施し、作業台・工具などの適正使用を推進する。
【熱中症対策の徹底】
①各作業所毎に「熱中症対策計画書」を作成。管理面、施設面で熱中症対策の早期立案と実施。
(熱中症の基本対策以外にも、水やり巡回、グリーンカーテンなど、各作業所毎に創意工夫して熱中症対策を推進)
②作業所に「熱中症警戒レベルと行動基準」を作成・掲示し、水分補給や休憩の取得、警戒巡回の実施を推進。
③昨年度多発した3条件(「最高気温が34度以上」「2日前から5度以上気温が急上昇」「月曜日・土曜日」)に該当すると予想される場合、店社からの全作業所への「熱中症緊急メール」の送信。

安全への取組み参考資料
  • 事例ⅰ - ②
    安全帯使用訓練
    安全帯使用訓練
  • 事例ⅱ - ①
    指差呼称ゲートの設置
    指差呼称ゲートの設置
  • 事例ⅱ - ②
    3年未満作業員識別シール
    3年未満作業員識別シール
  • 事例ⅱ - ③
    可搬式作業台組立訓練
    可搬式作業台組立訓練
  • 事例ⅲ - ①
    水やり巡回
    水やり巡回

労働災害発生状況