title
会社名:日本製紙クレシア株式会社 京都工場 業種:製造業
所在地:京都府福知山市長田野町1-54
電話番号:0773-27-6311

安全方針 1.日本製紙クレシア京都工場は、従業員、協力会、構内に入る者、全ての事故“ゼロ”実現を可能と宣言し、行動します。
2.安全衛生、環境、品質の各マネジメントシステムを更に充実させ、継続的改善と現場力強化、「見える化」を推進します。

安全への取組み事例
リスクアセスメント活性化として、ヒヤリハット・気掛かり提出月間を設け、年4回(1月4月7月10月)全従業員(社員、協力会社、パート・アルバイト)一人5件を目標に取り組む。出てきたリスクに対して、まず周知、注意喚起を実施し、順次改善に進める。 1月は1265件 232名が5件以上 達成率75%  4月は1293件 246名5件以上 達成率76%した。
安全意識の高揚として、工場安全三訓とは別に、災害で最も多いと言われている、落下・挟まれ・巻き込まれを工場の絶対安全三訓として『落ちるな・挟まれるな・巻き込まれるな』を定め、構内に掲示をすると共に、始業前ミーティングで全員で唱和を行っている。意識を高めるために、全員が順番制でリーダーとなり絶対安全三訓を唱和している。又、従業員全員が安全の誓いを立て、顔写真の下に個々の誓いを載せ食堂前に掲示している。各職場には自職場の安全の誓いを掲示している。誓いは1月・7月で更新し新たな誓いを立て掲示する。
全国安全週間、準備月間の取組として、全従業員と家族を対象に、安全に関する標語・ポスター・習字・作文の募集を行い、ポスタ―・習字は食堂に掲示する。又7月1日に安全大会を実施しその中で表彰を行う 今年度は標語519件、ポスター29点、習字87点、作文4作の応募が有った。その他今年度は、昨年度の提案、安全提案、品質提案、安全標語、衛生標語、ヒヤリハット・気掛かり、安全に関する習字・ポスター等全ての件数の最多提出者を一位から十位まで表彰を行う。昨年度総件数6909件、提案件数2213件うち安全提案151件、ヒヤリハット・気掛かり2690件、安全標語364件、衛生標語250件、その他1392件で個人最多は74件の提出あり。

安全への取組み参考資料
  • ヒヤリハット・気掛かり
     
    ヒヤリハット・気掛かり
  • 体操後の絶対安全三訓唱和
     
    体操後の絶対安全三訓唱和
  • 従業員全員の安全の誓い
    (食堂前に掲示)
    従業員全員の安全の誓い 食堂前に掲示
  • 安全週間準備月間の取組
    (ポスターと習字を食堂に掲示)
    安全週間準備月間の取組 ポスターと習字を食堂に掲示
  • パトロール指摘対応報告書
     
    パトロール指摘対応報告書

労働災害発生状況
H23年度H24年度H25年度H26年度H27年度
6月1日現在
休業災害0件0件0件0件0件
不休災害0件3件4件1件1件