平成29年度「見える」安全活動コンクール 労働災害防止のための安全活動の創意工夫事例をご応募ください! 募集期間:平成29年9月1日~平成29年10月31日 投票期間:平成29年12月1日~平成30年1月31日 結果発表:平成30年3月上旬
これまでの応募作品・優良事例ページへ

コンクールの趣旨・目的

 労働災害は長期的には減少傾向にあり、平成28年の労働災害については、死亡災害は2年連続で過去最少となりました。しかしながら、休業4日以上の死傷災害は前年より1.4%増加しました。死傷災害が増加している第三次産業においては、多店舗展開企業等の傘下の店舗等に安全担当者がおらず、安全活動が低調となっていることなどが考えられます。
 こうした状況の中、厚生労働省では、安全活動に熱心に取り組んでいる企業が国民や取引先から注目される運動(「あんぜんプロジェクト」)を積極的に展開しています。その一環として、事業場・企業(以下「事業場等」という。)における安全活動の活性化を図るため、「見える」安全活動コンクールを開催します。
 このコンクールでは、事業場等で実施されている労働災害防止のための安全活動の「見える化」の取組事例を募集し、広く国民から投票を募り、安全活動優良事例選考委員会(仮称)において評価、選考を行うことにより優良事例を決定することで、事業場等の安全活動の「見える化」への取り組みを活性化することを目的としております。
 また、このコンクールに応募された取組事例は、現場の安全活動の取り組みに活用できるよう、「あんぜんプロジェクト」ホームページ上で継続的に公開します。業種の制限はなく、全業種が対象です。奮ってご応募ください。

「見える」安全活動とは

 職場における危険性、有害性について、通常視覚的に捉えられないものがあります。それらを可視化(見える化)すること、また、それを活用することによる効果的な安全活動を「見える」安全活動といいます。

募集概要

 平成29年度「見える」安全活動コンクールでは、転倒や腰痛等の労働災害が増加傾向にあること、また、外国人労働者、非正規雇用労働者の労働災害が増加傾向にあること、熱中症による労働災害が高止まりの状態にあること、改正労働安全衛生法の施行により、メンタルヘルス対策、化学物質対策の関心が高まっていることを踏まえ、以下の7つの「見える化」の類型別に募集を行います。

(29年度)
Ⅰ.転倒災害を防止するための「見える化」
Ⅱ.腰痛を予防するための「見える化」
Ⅲ.外国人労働者、非正規雇用労働者の労働災害を防止するための「見える化」
Ⅳ.熱中症を予防するための「見える化」
Ⅴ.メンタルヘルス不調を予防するための「見える化」
Ⅵ.化学物質による危険の「見える化」
Ⅶ.その他の危険有害性情報の「見える化」

「見える」安全活動の例

転倒災害を防止するための「見える化」-転ばぬ先の見える化活動-

 国内の労働災害の最多要因である転倒災害の撲滅に行政、民間で取り組みを推進している。
 当工場では「転ばぬ先の見える化活動」をテーマに掲げ、設備内の転倒危険箇所への表示や撤去、補修を徹底的に実施、屋外や室内の転倒危険箇所に工夫や改善を図り、全員参加で転倒リスク削減活動を展開しています。

企業名:エア・ウォーター(株)ケミカル部門鹿島工場   業種:製造業

腰痛を予防するための「見える化」-工具箱用台車の作成による腰痛防止-

 工作室内で使用している工具箱は、工具を多く入れているため重さが約10キロあり、作業の際持ち運びが大変だった。工具箱専用の台車を作成し、工具箱を載せて作業場所に移動できるようにした。

企業名:(株)サナス(旧社名 日本澱粉工業(株))   業種:製造業

熱中症を予防するための「見える化」-本日の熱中症予報-

 毎朝メールにて、熱中症情報を各部署へ配信すると共に、その日の熱中症警戒レベルを視覚的にわかりやすく4段階に分けたパネルを作成し、毎朝事務所出入口扉横などに掲示することで社員の熱中症に対する注意喚起をおこなう。

企業名:(株)阪急阪神電気システム   業種:建設業

※過去の優良事例一覧をご覧いただけます。
 これまでの応募作品・優良事例ページへ