転倒防止の「見える化」
構内で衝突しやすい場所に、衝突・転倒を防止する対策を取り入れている。
具体的には、階段上がりの扉にセンサーを設置して人感センサーが感知すると、ライトが点滅し扉の反対側に人がいることを光と文字で確認できる。
~~~【PR内容】~~~
曇りガラス付きの扉でも階段上がりに人がいることは分かりませんでした。扉に光センサーを設置したことで、出合い頭の衝突・転倒を事前に回避できます。
参考資料: 資料
業種: 製造業