平成30年度「見える」安全活動コンクール 労働災害防止のための安全活動の創意工夫事例をご応募ください! 募集期間:平成30年9月3日~平成30年10月31日 投票期間:平成30年12月3日~平成31年1月31日 結果発表:平成31年3月上旬
これまでの応募作品・優良事例ページへ

コンクールの趣旨・目的

 労働災害は長期的には減少傾向にありますが、平成29年の労働災害については、死亡災害は3年ぶりに増加し、休業4日以上の死傷災害は2年連続で増加しました。死傷災害が増加している第三次産業においては、多店舗展開企業等の傘下の店舗等に安全担当者がおらず、安全活動が低調となっていることなどが考えられます。
 こうした状況の中、厚生労働省では、安全活動に熱心に取り組んでいる企業が国民や取引先から注目される運動(「あんぜんプロジェクト」)を積極的に展開しています。その一環として、事業場・企業(以下「事業場等」という。)における安全活動の活性化を図るため、「見える」安全活動コンクールを開催します。
 このコンクールでは、事業場等で実施されている労働災害防止のための安全活動の「見える化」の取組事例を募集し、広く国民から投票を募り、優良事例選考委員会において評価、選考を行うことにより優良事例を決定することで、事業場等の安全活動の「見える化」への取り組みを活性化することを目的としております。
 また、このコンクールに応募された取組事例は、現場の安全活動の取り組みに活用できるよう、「あんぜんプロジェクト」ホームページ上で継続的に公開します。業種の制限はなく、全業種が対象です。奮ってご応募ください。

「見える」安全活動とは

 職場における危険性、有害性について、通常視覚的に捉えられないものがあります。それらを可視化(見える化)すること、また、それを活用することによる効果的な安全活動を「見える」安全活動といいます。

募集概要

 平成30年度「見える」安全活動コンクールでは、第13次労働災害防止計画において、転倒や腰痛防止対策、外国人労働者、非正規雇用労働者の労働災害防止対策、熱中症予防対策、メンタルヘルス対策、化学物質対策、そして運動実践を通じた労働者の健康増進に重点的に取り組むこととされたことを踏まえ、以下の8つの「見える化」の類型別に募集を行います。

(30年度)
Ⅰ.転倒災害を防止するための「見える化」
Ⅱ.腰痛を予防するための「見える化」
Ⅲ.外国人労働者、非正規雇用労働者の労働災害を防止するための「見える化」
Ⅳ.熱中症を予防するための「見える化」
Ⅴ.メンタルヘルス不調を予防するための「見える化」
Ⅵ.化学物質による危険の「見える化」
Ⅶ.通勤、仕事中の健康づくりや運動の「見える化」
Ⅷ.その他の危険有害性情報の「見える化」

「見える」安全活動の例

転倒災害を防止するための「見える化」-転倒防止の「見える化」-

 構内で衝突しやすい場所に、衝突・転倒を防止する対策を取り入れている。具体的には、階段上がりの扉にセンサーを設置して人感センサーが感知すると、ライトが点滅し扉の反対側に人がいることを光と文字で確認できる。

企業名:(株)ササキ   業種:製造業

腰痛を予防するための「見える化」-商品積み上げ作業時の腰痛対策-

 作業者が重量9kgの商品を高さ1.3mまで積み上げる作業があります。作業者は女性が多く、これまでは人力で積み上げを行っており、重量・高さともに腰や関節への負担が懸念されていました。腰痛対策のため、商品を吸着させて運ぶ『イージーリフト』という機械を導入しました。これにより、作業者の腰や関節への負担は軽減されました。

企業名:(株)不二家 秦野工場   業種:製造業

熱中症を予防するための「見える化」-過酷な環境でもエコで熱中症対策-

 本現場の作業場所である埋立地では、日光を遮るものは何も無く、軟質な地面には足を取られる。また電気も通っていない過酷な環境である。そこでソーラーハウスを基点に休憩所とミストファンを設置・使用した。

企業名:五洋建設(株)   業種:建設業

※過去の優良事例一覧をご覧いただけます。
 これまでの応募作品・優良事例ページへ