アンケートにご協力お願いします。

天井の吹付け作業中に一酸化炭素中毒となった事例

  労働災害事例イラスト イラストをクリックすると拡大表示されます
発生状況
 本災害は、天井の吹付塗装作業中に発生した。
 被災者は、内燃機関式コンプレッサーを使用して、ビルの12階バルコニー天井の吹付塗装作業を行った。作業終了に伴い、コンプレッサーを止めたところ、気分が悪くなり倒れた。発生からおよそ1時間後に同僚に発見された。救急車で病院に運ばれ、一酸化炭素中毒と診断された。
 吹付塗装作業を行うにあたり、飛散防止のためのビニール状のシートをバルコニー内に張って作業を行う場所を密閉状態とし、その中で内燃機関式コンプレッサーを設置し使用していた。
原因
1 換気が十分できない作業場所で、内燃機関式コンプレッサーを使用したこと。
2 内燃機関式コンプレッサーを使用する作業場所の作業方法を含め、作業手順書を作成していなかったこと。
3 コンプレッサーの設置場所の確認と換気が行われていなかったこと。
対策
1 換気が不十分な作業場所で、内燃機関式コンプレッサーを使用しないこと。
2 内燃機関式コンプレッサーを置いている場所を施工する場合の、作業方法等を明確に示した作業手順書を作成すること。
3 コンプレッサーの設置場所を確認するとともに、必要な場合には排風機を設置するなどにより強制換気を行うこと。
業種 建築工事業
事業場規模 1〜4人
機械設備・有害物質の種類(起因物) 有害物
災害の種類(事故の型) 有害物等との接触
建設業のみ 工事の種類
災害の種類
被害者数
死亡者数:0人 休業者数:1人
不休者数:0人 行方不明者数:0人
発生要因(物) 作業環境の欠陥
発生要因(人)
発生要因(管理) 安全措置の不履行
NO.101485
このページのトップへ戻ります
アンケートにご協力お願いします。