アンケートにご協力お願いします。

地熱発電所の油分離槽の点検中に硫化水素中毒

  労働災害事例イラスト イラストをクリックすると拡大表示されます
発生状況  この災害は、地熱発電所内の油分離槽室内で発生したものである。
 地熱発電所では、蒸気井から取り出した蒸気は気水分離器により水と二酸化炭素、硫化水素を含む蒸気等に分けられ、蒸気等はタービンに送られ、その後二酸化炭素等を含んだ気体は大気に放出される。
 大気に放出するために真空ポンプを使用するが、ポンプには潤滑剤、シール剤として大量の潤滑油を使用しているため、排出ガスに油が混じるので、排気管の途中のドレンタンクで分離し、排ガスは大気に放出し、油分及び水分は油分離槽に送って分離している。
 被災者は、日常この分離槽の油かき取り作業等に従事しており、災害発生当日も昼食の後、午後2時頃より一人で油分離槽での作業を開始した。
 午後4時すぎ、他の会社の作業者が、油分離槽の昇降用はしごの下でうずくまっている被災者を発見し、声をかけたが応答がないのですぐに同僚に連絡するとともに、救急車を呼び病院に運んだが既に死亡していた。
 病院で被災者の調査をしたところ、肺、大腿筋、脳、心臓、肝臓、血液から硫化物が検出され、硫化水素中毒と判断された。
原因  この災害の原因としては、次のことが考えられる。
1 硫化水素ガスが油分離槽室に滞留していたこと
2 油分離槽室の換気が不十分であったこと
3 空気呼吸器等を使用しなかったこと
4 安全衛生教育が不十分であったこと
対策  この災害は、地熱発電所内の油分離槽室内で発生したものであるが、同種災害の防止のためには次のような対策の徹底が必要である。
1 大気にガスを放出する排気管の構造等を改善すること
2 ドレンタンクの構造等を改善すること
3 油分離槽室に警報装置の設置等を行うこと
4 作業マニュアル等を見直し周知すること
5 安全衛生教育を十分に行うこと
6 総合的な安全衛生管理を行うこと
業種 その他の事業
事業場規模 5〜15人
機械設備・有害物質の種類(起因物) 有害物
災害の種類(事故の型) 有害物等との接触
被害者数
死亡者数:1人 休業者数:0人
不休者数:0人 行方不明者数:0人
発生要因(物) 設計不良
発生要因(人) 危険感覚
発生要因(管理) 危険物が入っているものの
NO.100180
このページのトップへ戻ります
アンケートにご協力お願いします。