アンケートにご協力お願いします。

下水道工事現場におけるたて坑内での酸素欠乏症

  労働災害事例イラスト イラストをクリックすると拡大表示されます
発生状況 本災害は、下水道工事において下水道の到達箇所の地質調査のため、たて坑内に降りた2名が酸素欠乏空気により被災したものであり、救助のため、たて坑に入った1名も被災したものである。
 災害発生当日、作業者AとBは下水道工事現場のたて坑内の地質調査のため、たて坑内へ降りて行くや否や折り重なって倒れた。作業者Cは救助のため、腰にロープを巻いてたて坑の中に入ったが、すぐ倒れてしまい、地上にいた作業者により救助された。
 AおよびBはレスキュー隊により救助されたが死亡、Cは3日間の休業となった。
 災害の発生したたて坑内では、粘土中に大量に含まれる2価の鉄イオンが酸素を消費し3価の鉄イオンとなったため、酸素欠乏状態になったと推定される。
原因 [1] 作業場所に酸素濃度測定器を備えておらず、酸素濃度を測定せずたて坑に入ったこと。
[2] 作業場所の換気を行わなかったこと。
[3] 酸素欠乏危険作業主任者を選任していなかったこと。
[4] 救助に際して空気呼吸器を使用させなかったこと。
対策 [1] 作業を開始する前に、当該場所の空気中の酸素濃度を測定すること。
[2] 当該場所の酸素濃度を18%以上に保つように換気を行うこと。
[3] 酸素欠乏危険作業主任者を選任し、所定の職務を行わせること。
[4] 作業者に対して、酸素欠乏に関する特別の教育を行うこと。
[5] 救出時の対応として、空気呼吸器等を使用すること。
業種 上下水道工事業
事業場規模
機械設備・有害物質の種類(起因物) 異常環境等
災害の種類(事故の型) 有害物等との接触
建設業のみ 工事の種類 上下水道工事
災害の種類 酸欠
被害者数
死亡者数:2人 休業者数:1人
不休者数:− 行方不明者数:−
発生要因(物)
発生要因(人)
発生要因(管理)
NO.926
このページのトップへ戻ります
アンケートにご協力お願いします。