除雪作業における列車との接触災害の防止について
改正履歴
                                                                          基安発第1号の2
                                                                         平成10年1月26日

  標記については、日頃から、その徹底を図っているところであるが、平成10年1月19日、JR東北本線
東青森駅構内において、降雪の中で除雪作業をしていた労働者が、走行してきた列車にはねられ、4名が
死亡するという重大災害が発生したことは誠に遺憾に堪えないところである。
  本災害の発生原因等については、現在調査中であるが、軌道上又は軌道に近接した場所での除雪作業に
おける同種災害の防止のため、今般、日本貨物鉄道株式会社、北海道旅客鉄道株式会社、東日本旅客鉄道
株式会社、東海旅客鉄道株式会社及び西日本旅客鉄道株式会社に対し、別添のとおり除雪作業における列
車との接触災害の防止対策の徹底について要請を行ったところである。
  ついては、各局におかれても、本要請の趣旨を踏まえ、その他私鉄各社を含めた関係事業者に対し的確
な指導を実施し、標記労働災害の防止に万全を期されたい。


別添  
                                                                             基安発第1号
                                                                         平成10年1月26日
日本貨物鉄道株式会社
代表取締役社長 金田 好生
北海道旅客鉄道株式会社
代表取締役社長 坂本 眞一
東日本旅客鉄道株式会社
代表取締役社長 松田 昌士
東海旅客鉄道株式会社
代表取締役社長 葛西 敬之
西日本旅客鉄道株式会社
代表取締役社長 南谷 昌二郎  殿

                                                                        労働省労働基準局
                                                                            安全衛生部長

                  除雪作業における列車との接触災害の防止について

  本年1月19日、JR東北本線東青森駅構内において、降雪の中で除雪作業をしていた労働者が、走行して
きた列車にはねられ、4名が死亡するという重大災害が発生したことは、誠に遺憾に堪えないところであ
ります。
  本災害の発生原因等については、現在調査中であり、また貴社においては既に、軌道上又は軌道に近接
した場所での除雪作業における災害防止対策が講じられていることと思われますが、このような重大災害
の発生にかんがみ、当該対策の総点検を実施されるとともに、特に下記の点に留意の上、災害防止対策を
徹底されますよう要請いたします。

                                          記

1  安全管理体制の確立等
  (1) 除雪作業を行う場合の安全管理体制を明確に定めること。
  (2) 監視人の適切な配置、適切な監視装置の設置等の措置を講じること。
  (3) 監視人及び除雪作業従事者(以下「作業者」という。)に対し、臨時運行列車を含めた列車通過時刻
    等必要な事項について指示や連絡を確実に行うこと。また、列車ダイヤに変更があった場合は直ちに
    連絡すること。
  (4) 安全な作業のための作業手順書を作成し、それに基づき作業を行わせること。
2  安全教育の徹底等
  (1) 作業者に対し、除雪作業の安全の確保に必要な教育を的確に行うこと。
  (2) 監視人には十分な知識や経験のある者を選任するとともに、適切な監視業務の遂行に必要な教育を
    行うこと。
3  安全な作業の実施
  (1) 降雪等のため見通しが悪い場合には、作業を一時中止する、中継の監視人を追加選任する、列車通
    過予定時刻前に余裕をもって待避する等の措置を講じること。
  (2) 監視人には適切な待避合図用の器具等を携行させ、除雪作業従事者に確実に待避の合図ができるよ
    うにしておくこと。